大切な家族を弔おう!ペット供養の基本知識

ペット供養をすることで、心の整理をすることができる!

大切な家族を弔おう!ペット供養の基本知識

動物

ペットへの家族意識

昔はペットは亡くなれば、火葬して埋葬するという感覚の人が多かったのですが、最近ではペット専用の葬儀屋などが多くあります。それは、「コンパニオンアニマル」という言葉が生まれたのがキッカケです。コンパニオンアニマルとは、ペットも家族の一員という考え方です。少子高齢化や核家族化などの生活スタイルの変化によって、ペットに対する意識が大きく変わってきています。

ペット供養のメリット

ペットが亡くなることで、心や身体に負担が掛かりペットロス症候群になってしまうことがあります。これは、人間が亡くなったときと同じように、気持ちの整理をつけることができないことが原因です。しかし、ペット供養を行うことで、亡くなったということを受け入れる時間が作れます。気持ちの整理をつける時間が取れるのは、大きなメリットといえます。

注意点

ペット霊園はまだ少なく、地域によってはお参りがしたくても、訪れるのが難しいことがあります。なので、埋葬をするタイミングを考える必要があります。亡くなって日が浅いうちは、近くにいることで安心感があります。最後に過ごせる大切な時間をしっかり作ってあげましょう。最近は手元供養や自宅供養というサービスもあるので確認してみましょう。

共に入ることができる霊園

ペットのお墓を作ることで、家族の一員だったペットのことを忘れることなく、弔うことができます。しかし、自分が死んだ時に別のお墓に入るなら、「意味がない」と考える人も少なくありません。そういった方の為に最近では、ペットと共に入ることができる霊園があります。なので、家族用の墓の購入を考えている人には、とてもオススメです。一緒のお墓に入ることによって、ペットも本物の家族といえます。

ペットを手厚く弔う

この様に、ペット供養をすることで多くのメリットがあります。ペットと共に入れる霊園も今はまだ多くありませんが、これから増えていくことが予想されています。また、お墓以外にも、葬儀と火葬までを行い、思い出の場所で散骨する方も多くいらっしゃいます。供養方法は、様々あるので、予算などを確認して、手厚い弔いをしましょう。

ペットの供養方法

お墓に埋葬する

ペット霊園の敷地で他のペットと一緒に埋葬をする方法で、合同供養塔と個別墓地に2種類があります。合同供養塔は一緒に埋葬するため、お骨がまじりあってしますが、費用が抑えられます。個別墓地は、屋外に個人の墓石を設置し埋葬する方法です。場所をとってしまうので、費用が掛かってしまいます。

納骨堂に納骨する

ペット霊園の敷地内にある納骨堂に納骨する方法です。棚やコインロッカーのように個別に分けられているので、骨壷の他に写真や花を飾ることも可能です。費用も安価なものから高価なものまで霊園やスペースによって大きく異なります。お参りも自由にできるので、いつでも訪れることができます。

自宅供養

最近は、自宅にペット用の仏壇や供棚を用意する人も多くなってきました。自宅供養の場合は、ペット用のミニ仏壇やミニ骨壷を用意することができます。しかし、自宅のスペースの問題から1周忌が終わると埋葬する方もいます。自宅供養意外に、ペットメモリアルグッツという手元供養もあります。フォトフレームやミニカプセルを利用する方も多くいます。

広告募集中